お豆腐の手作り体験 開催

昨日、自遊人倶楽部友の会主催で、「お豆腐の手作り体験」を開催しました。
先ずは富山県豆富商工組合の奥田美貴子先生から、とうふの作り方を説明して頂きました。

手作り豆腐

その後2班に分かれて豆腐作りスタートです。
前もって水に浸漬した大豆をザルにあけて、ミキサーにかけます。

手作り豆腐

手作り豆腐

どっちが美味しく出来るかな
大豆は富山県産エンレイ、水は上市の城山の湧水を使用しました。
出来た生呉をお鍋に入れてゆっくり煮ます。
焦がさないように気を付けて・・・。

手作り豆腐

絞り袋に移して・・・

手作り豆腐

プレス機で絞ります。
男性陣出番ですよ~。

手作り豆腐

出来た豆乳を勢い良く、にがりに注入

手作り豆腐

先生さすがに慣れた手つきです。

手作り豆腐

ささっとかき混ぜたら固まるのを待ちます。
固まるのが待ちきれな~い。
さっそく先に出来た班の出来立ての汲み豆腐を試食。

手作り豆腐

「お醤油要りますか」 と先生に尋ねたら
「先ずは何もかけないで食べてみて下さい」のご返事。
食べてみてなるほど納得
出来立てのお豆腐は味付けしなくても、物凄く美味しいんです。
というか、味付けしない方が美味しい
お豆のふくよかな味わいが口一杯に広がります。
ああ幸せ
美味しい物を食べてる時が一番幸せですね。

出来たお豆腐でもう一品。
「ひじきの白和えの素」を混ぜて茹でた人参等を足して白和えを作りました。

手作り豆腐

「味が馴染むまでしばらく待って下さい」の先生の注意もそっちのけで、こっそりお味見。
美味し~い

後はおからでお味噌汁を作れば出来上がり。
持ち寄りのおかずを盛り付けて・・・。

勘兵衛はうすの座敷で昼食です。
いただきま~す

手作り豆腐

メインのお豆腐、ひじきの白和え、おからの味噌汁に加えて、煮物、きんびら、さくら蒲鉾、くるみの蒲鉾、一夜漬け、デザートはオレンジとデーツ
なんだかお祭りみたい

手作り豆腐

お豆腐には、先生持参の「とうふにあうお醤油」をかけていただきました。
ちょっと甘めのやさしいお味のお醤油です。
出来立てのお豆腐は、薬味無しでこのお醤油だけで充分です。

本当に美味しくて楽しい一日になりました。
先生ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR