山菜摘みときのこの菌打ち体験 開催

昨日、平成29年度に入り第1回目の自遊人倶楽部友の会の行事「山菜摘みときのこの菌打ち体験」を開催しました。
場所は、砺波市井栗谷中尾のこよもんの家です。

こよもんの家

自遊人倶楽部友の会のメンバーの他に中尾集落のご近所さんを交えて約40人程集まりました。
こよもんさん、理事長の挨拶の後、まずは山菜摘みの開始です。
去年は小雨混じりの生憎のお天気でしたが、今回はさわやかな青空が拡がり、清々しい日となりました。
フイトンチッドが降り注ぐ中のお散歩は、最高の気分でした。

山菜摘み

途中、猪の跡を発見

猪の跡

小鳥のさえずりを聞きながら、そよ風に吹かれながらのお散歩です。
お散歩じゃなくて、山菜摘みの筈じゃあ・・・。
なあに、こよもんさんが前もって摘んで下さってるので、収穫がなくても安心。
あれっ変わった鳥の声が・・・。

草笛

と思ったら、こよもんさんの草笛でした。

山菜摘み

山菜摘みを終えたら、今度はお昼の準備。
今日の献立は・・・

メニュー

美味しそう
ご近所のお母さん方に教わりながら、山菜の準備。

山菜を料理

手前の男性、物凄く慣れた手付きの包丁さばきで感心していたら、なんと調理師さんでした。
なるほど、納得。
大勢分の山菜の天ぷらもみんなでやれば・・・

山菜の天ぷら

山菜の天ぷら

猪鍋もぐつぐつ

猪鍋

猪肉のころっけ

猪肉のコロッケ

他にもメニューニ無いお料理が・・・
糠さば

糠サバ

シャケの燻製

シャケの燻製

筍の煮物、ウドの酢味噌和え、ヨシナのさざなみ和え
こよもんさんが前もって準備して下さったお料理(名前聞くの忘れました)等々

山のご馳走

ご馳走がテーブルに次々と運ばれます。

ご馳走

傍らでは、杉山さんが蕎麦打ちをして下さいました。

蕎麦打ち

こよもんさんが石臼で挽いたそば粉で打ち立てのお蕎麦も頂きます。
ご馳走が揃うのを待ちきれず、乾杯。

懇親会

美味しいお料理に舌鼓を打ちました。

懇親会

その後は、きのこの菌打ち

なめこの菌打ち

残念ながら去年菌打ちした椎茸は・・・

椎茸の菌打ち

どうした事か、何も出て無い様てす。
去年菌打ちしたなめこの方は、今年の秋には収穫出来そうです。

「お腹一杯でもう食べれない」と言いながら、この後猪のだしのラーメンも頂きました。
本当に楽しい一日になりました。
準備して下さった、こよもんさん、ご近所の方々、本当に有難うございました。


スポンサーサイト

山菜摘みときのこの菌打ち体験 開催のご案内

平成29年度 自遊人倶楽部 第一回
山菜摘みときのこの菌打ち体験
(摘み立て山菜の天ぷらと打ち立ての蕎麦を食す)


平成29年度に入り第一回目は、砺波市井栗谷での開催です。
井栗谷のせんだん山では、春になると色々な山菜が採れます。
今年もせんだん山で山菜摘みを行います。
山菜を探しながらの春の野山の散策は、とても気持ちの良いものです。
この催しは今年で3回目になりますが、毎年とても好評です。今年も晴れると良いですね。
採れる山菜は、季節に応じて変わりますので、何が旬かはお楽しみ。
その後は、今年もこよもんさんのご指導の下、クルミの木になめこの菌打ち体験を行います。
去年菌打ちした椎茸は残念ながらまだ顔を出していない様ですが、なめこの方はほんの少し顔を出している様なので、今年の秋には収穫できそうな気配です。
作業の後は、摘み立ての山菜を天ぷらにして、打ち立てのお蕎麦を頂きます。
蕎麦打ちは、今年も当会員の杉山さんに腕前を披露して頂く予定です。
採れたて、揚げたての山菜の天ぷらと、打ち立ての蕎麦に舌鼓を打ちましょう。
そして嬉しい事に、今回も里山のご近所さんのご協力で猪鍋を用意して頂けるとの事です。
皆様のご参加をお待ちしております。

山菜のてんぷら

日  時  平成29年5月7日(日) 午前10:00集合
集合場所 砺波市井栗谷中尾3976 池田昭一宅
 「こよもんの家」の看板が目印
会  費 2000円/一人
持参する物 エプロン
申し込み先 NPO法人アポロン
 TEL 0766-54-6641
(勘兵衛はうす内事務室)
 不在の場合は、事務局の携帯電話に転送されます
 お申込み、お問い合わせはこちらへどうぞ。



お豆腐の手作り体験 開催

昨日、自遊人倶楽部友の会主催で、「お豆腐の手作り体験」を開催しました。
先ずは富山県豆富商工組合の奥田美貴子先生から、とうふの作り方を説明して頂きました。

手作り豆腐

その後2班に分かれて豆腐作りスタートです。
前もって水に浸漬した大豆をザルにあけて、ミキサーにかけます。

手作り豆腐

手作り豆腐

どっちが美味しく出来るかな
大豆は富山県産エンレイ、水は上市の城山の湧水を使用しました。
出来た生呉をお鍋に入れてゆっくり煮ます。
焦がさないように気を付けて・・・。

手作り豆腐

絞り袋に移して・・・

手作り豆腐

プレス機で絞ります。
男性陣出番ですよ~。

手作り豆腐

出来た豆乳を勢い良く、にがりに注入

手作り豆腐

先生さすがに慣れた手つきです。

手作り豆腐

ささっとかき混ぜたら固まるのを待ちます。
固まるのが待ちきれな~い。
さっそく先に出来た班の出来立ての汲み豆腐を試食。

手作り豆腐

「お醤油要りますか」 と先生に尋ねたら
「先ずは何もかけないで食べてみて下さい」のご返事。
食べてみてなるほど納得
出来立てのお豆腐は味付けしなくても、物凄く美味しいんです。
というか、味付けしない方が美味しい
お豆のふくよかな味わいが口一杯に広がります。
ああ幸せ
美味しい物を食べてる時が一番幸せですね。

出来たお豆腐でもう一品。
「ひじきの白和えの素」を混ぜて茹でた人参等を足して白和えを作りました。

手作り豆腐

「味が馴染むまでしばらく待って下さい」の先生の注意もそっちのけで、こっそりお味見。
美味し~い

後はおからでお味噌汁を作れば出来上がり。
持ち寄りのおかずを盛り付けて・・・。

勘兵衛はうすの座敷で昼食です。
いただきま~す

手作り豆腐

メインのお豆腐、ひじきの白和え、おからの味噌汁に加えて、煮物、きんびら、さくら蒲鉾、くるみの蒲鉾、一夜漬け、デザートはオレンジとデーツ
なんだかお祭りみたい

手作り豆腐

お豆腐には、先生持参の「とうふにあうお醤油」をかけていただきました。
ちょっと甘めのやさしいお味のお醤油です。
出来立てのお豆腐は、薬味無しでこのお醤油だけで充分です。

本当に美味しくて楽しい一日になりました。
先生ありがとうございました。

「お豆腐の手作り体験」 開催のお知らせ

自遊人倶楽部 第12回
お豆腐の手作り体験


三寒四温のこの頃ですが、春は一歩ずつ近づいてきています。
梅、桜と春の花だよりが聞かれますが、勘兵衛はうすにはお花見に適した木が無いのが残念です。
2年前に小さな苗木を何本か植えたので、何年か後にはお花見が出るのではと今から楽しみにしています。
早いもので今年度最後の行事になりました。
今回はお豆腐の手作り体験を行います。
講師は富山県豆富商工組合の奥田美貴子さんです。
お豆腐は栄養もあり健康にも良く、最近はデザート等にも良く使われる様になりました。
富山県産大豆エンレイと、富山の美味しい水(城山の湧水)で作るお豆腐は味も最高でしょう。
お昼は温かい汲み豆腐とおからの味噌汁、ひじきの白和え等をおかずにお食事をします。
奥田さんからは、お豆腐にまつわる色々なお話を聞かせて頂けると思います。
皆様のご参加をお待ちしております。

豆腐作り

豆腐作り

日  程 平成29年3月26日(日)
      10:00~12:00 お豆腐作り
      12:00~ 昼食会
      14:00~ 片付け後解散

集合場所 射水市本江2280 (旧田中家)
      勘兵衛はうす
      (第一、第二駐車場へ駐車願います)

会  費 1500円/一人

持ってくるもの エプロン、三角巾

申し込み先 NPO法人アポロン
      TEL 0766-54-6641
      (不在の場合は、事務局の携帯電話に転送されます)

お申込み、お問合せはこちらへどうぞ。

ひな祭り会 開催

昨日は、自遊人倶楽部友の会主催のひなまつり会でした。
今回は20人以上の参加申し込みがあり、大盛況のひなまつり会となりました。
最初みんなで桜餅を作る予定にしていたのですが、20人となると皆で作るにはちょっと場所が手狭なので、急遽水橋の「さくらい春景堂」さんの桜餅を食べる事にしました。
お昼も手作りのちらし寿司を食べるつもりが、四方の「美喜多寿司」さんの生ちらしに変更です。
先客万来。臨機応変にまいりましょう。

お花は、今回もまち子さんが活けて下さいました。

ひなまつり会

ひなまつり会

花材もまち子さんが寄付して下さいました。
本当にいつも有難うございます。

理事長のミニ雛も新たに展示に仲間入り。

ひなまつり会

入口付近に元々田中家にあった金屏風を立て、梅沢家からお借りした花嫁のれんを掛けたら、いっぺんに華やいだ雰囲気に・・・。

ひなまつり会

杉山さんの色紙も新たに展示

お雛様色紙

この色紙は杉山さんのご好意により、ご希望の方にお譲りして下さるとの事。
売上金はアポロンにご寄付頂けることになりました。
お蔭様で色紙は完売致しました。

会が始まり、理事長の挨拶の後、伊東志乃さんから俳句の作り方の説明をして頂きました。

ひなまつり会

はこ階段の間に俳句コーナーを設け、当日帰るまでの間に俳句を書いて頂く事に・・・。

俳句

俳句の短冊には理事長が桃の絵を描いてくれました。
この短冊を持って帰れるという事で、皆さん沢山俳句を作って下さいました。

俳句

「おとのわの会」のメンバーの方が、琴と尺八の演奏をして下さいました。

琴と尺八の演奏

杉山さんからは、ハーモニカ演奏

ハーモニカの演奏

美しい生演奏を楽しみながら、順次桜の間でお抹茶を頂きました。
お抹茶は「まほろばの会」の方々が出して下さいました。

呈茶

呈茶

お昼はまち子さんが、菜の花とふきのとうの汁物を作って下さいました。

ひなまつり会

みんな揃っていただきま~す

ひなまつり会

ひなまつり会

手作りの煮物や果物、お菓子の差し入れを頂きながら、春の香りいっぱいのご馳走を頂きました。
杉山さんからは、ひなまつりの由来などもお聞きしました。

ひなまつり会

展示用のお雛様をお持ち頂いた方々からは、自分のお雛様について簡単に説明して頂きました。
「ここに飾ってもらって、お雛様の顔立ちがとても嬉しそうに変わってきた」という言葉がとても印象に残りました。

ひなまつり会

可愛くて、なんだかお雛様と一緒に床の間に飾っておきたい感じ

伊東志乃さんから、皆さんが作られた俳句の発表

ひなまつり会

最後におとのわの会のメンバーの方々にアンコール演奏をして頂き、ひなまつり会は終わりました。

今回は皆様のお申し出により、本当に、楽しいひな祭り会になりました。
お雛様をお持ち寄り下さった方、お花を活けて下さった方、生演奏して下さった方、お茶を出して下さった方、色紙を寄付して下さった方、お料理やお菓子を差し入れして下さった方、準備や片付けのお手伝いして下さった方・・・
皆様ひとりひとりの暖かいお気持ちでこの様に楽しい一日を過ごせた事に感謝しております。
本当に、本当にありがとうございました。
この企画は好評によりまた来年も開催する予定です。
今回参加出来なかった方も来年は是非参加してみて下さい。

当日作られた俳句の中から・・・
「晴れの日に 我こそ主役 ひな祭り」
みんなが主役、みんなが裏方の手作りのひな祭り会になりました。
感謝と幸福感で胸が一杯のひな祭り会でした。

解散後、お雛様を片付けていると、ちょっぴり寂しい気分になりました。

ひなまつり会

沢山のお雛様達。
来年またここで会いましょう
プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR