勘兵衛はうすの春

先週末、勘兵衛はうすの片付けに行きました。
朝からさわやかな青空が拡がり、柔らかな春の日差しを浴びていると心が和みます。
待ち望んでいた春の訪れを感じます。

今までゆっくりと庭を眺める機会が無かったので、片づけの前に庭を一回りしてみました。

庭

庭の奥から勘兵衛はうすを見たところです。
もう少し花があるといいかもね。
椿の花が咲き始めていました。

椿

椿

玄関前には、沈丁花が咲いていました。

沈丁花

沈丁花

玄関前一体に、沈丁花の香が漂っています。
通路の脇に、日本水仙がひっそりと咲いています。

日本水仙

日本水仙

清楚な日本水仙が、勘兵衛はうすの雰囲気にぴったりです。



暖かな陽気に誘われて、お昼は海辺でランチタイム。

春の海

春の海の波音を聞きながらのお昼ご飯は最高です。
思わず、そのまま根っこが生えてしまいそうになりました。
遠くに雪を抱いた立山連峰が見えます。

立山連峰


ズームし過ぎて海が入らなかったのですが、また別の日に撮りたいと思います。

スポンサーサイト

「勘兵衛はうす」建物解説会のおしらせ

「勘兵衛はうす」建物解説会を開催する事になりました。
古民家に興味のある方なら、どなたでも参加出来ます。
お気軽にお問合せ下さい。

日時 平成27年4月25日(土)14:00~
場所 射水市本江2280(旧田中家) 勘兵衛はうす
(駐車場所は、改めてお知らせします。)
講師 職芸学院 上野 幸夫 教授
参加対象 「勘兵衛はうす」に興味のある方ならどなたでも
参加申込締切 平成27年4月15日(水)まで

参加希望の方は、記事の下の「コメント」をクリックしてコメントを送信して頂ければ、詳細を連絡させて頂きます。
(コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックお願いします。)

「勘兵衛はうす」探訪 VOL.6

今日は、勘兵衛はうすの庭を紹介します。
座敷の前庭です。

前庭

前庭

この写真には、池に水が入っていますが、雨の少ない季節には、枯れるそうです。
縁側から見たところです。

前庭

中庭もあります。

中庭

中庭には、古い井戸の跡があります。

中庭

蔵側から見た所です。
蔵を包んだ建屋の前側は、全面長戸が入っているので、中庭が良く見えます。
座敷前の庭の方に手を付けるのは、ちょっと勇気が要りますが、中庭の方は、気軽にガーデニングを楽しめそうです。

中庭

2階の窓から中庭を見た所です。

中庭

花の咲く木を植えたりすれば、2階からの景色も楽しめそうです。

勘兵衛はうすは海岸の直ぐ近くにあります。
お天気の良い日は、海越しに立山連峰が見えます。
この写真は夏に撮った写真なので、山の雪が融けてしまっていますが、今の季節は、雪を頂いた素晴らしい立山連峰を望む事が出来ます。

海岸

反対側の方は、新湊大橋が見えます。

海岸

今日で、勘兵衛はうすの概略の紹介を終わります。
細かい所を紹介しきれていないのですが、またおいおいお知らせしたいと思います。

「勘兵衛はうす」探訪 vol.5

今日は、「勘兵衛はうす」の蔵と作業場の方を紹介します。
勘兵衛はうすには、2つの土蔵があります。
その2つの土蔵をすっぽりと建屋が包んでいます。
旧新湊では、土蔵を建屋で包んだ家が多い様です。

母屋の2階から土蔵の建屋を見た所です。

蔵

木造の建屋の2階の窓から土蔵の白い扉が見えます。

蔵

蔵

土蔵の前もかなり広いスペースです。
土蔵の扉です。

蔵

なんでも、泥棒が扉を開けて中に入ると、扉がしまってしまい、出られない構造になっているそうです。

玄関の脇に大きな作業場があります。

作業場

作業場

作業場を反対側から見た所です。

作業場

作業場の隣には、畑があります。
今は雑草対策の為、防草シートをかけてあります。

畑

家庭菜園をしたり、ガーデニングをすれば、素敵になりそうですね。

続きは、vol.6へ。

山の幸のご馳走(ごっつぉ)

4/11(土)開催予定の「自遊人倶楽部友の会」のイベント、「山の幸のご馳走(ごっつぉとねんごろ獅子見学の会)」についてのお知らせです。

まず、「ねんごろ獅子」は、富山県砺波市井栗谷中尾地区の過疎化が進み、若い人が少なくなった為、今年は開催が危ぶまれていた様ですが、自遊人倶楽部友の会で見学を計画している事をお知らせした所、検討された結果、無事開催される事になりました。
良かった。良かった。

山の幸のご馳走(ごっつぉ)については、内容をちらっとお尋ねした所、
草餅(その日に餅つき大会もします)、せんな(葉わさび)、栗ごはん菜の花のよごしごう汁里芋の田楽きび餅
等を計画されているそうです。
初めて食べるものも沢山ありますね。
「よごし」というのは、富山弁で、和え物の事です。
楽しみ、楽しみ。
人数に限りがありますので、申込みが未だの方は、早めにお願いします。

尚、今回は、NPO法人設立前のプレイベントとして開催するので、友の会に入会していなくても参加出来ます。
イベントに参加してみて、入会を検討頂ければと思います。

参加ご希望の方、詳しい内容を知りたい方は、コメントにメールアドレスを入れて頂ければ、内容をPDFでお送りします。

「勘兵衛はうす」探訪 VOL.4

今日は「勘兵衛はうす」のお風呂と2階を紹介します。
風呂桶は、ステンレスで今風のものですが、凄いのが天井です。

風呂

なんと、お風呂の天井にも欄間が入っています。

風呂

富士山、わかりますか?
この欄間は四方に入っています。四方共違うデザインです。

2階へ行くには、箱階段で行きます。

箱階段

今も結構急な階段ですが、以前はもっと急で、少し緩やかに架け替えた後が残っています。

2階にも床の間があります。
最初1階にあった床の間を、昭和の大改築の際に2階に上げた様です。
2階は、日常使いのお部屋との事ですが、日常とは思えない、なかなか立派なお部屋です。

2階建具

違い棚に付いている木です。
名称がわからないのですが、凝った造りです。

床の間

鍵隠しが付いています。

釘隠し

建具も昔懐かしい、模様入りの擦りガラスが入っています。

2階建具

部屋と部屋の間には、龍の欄間が入っています。

2階欄間

冬、風が通って寒いので、板で塞いだ様です。

2階からの景色です。
中庭を挟んで向こう側に土蔵が見えます。

2階から

昔懐かしい風景に心が癒されます。
便利なだけで、味気無い我が家とは、全く違った趣と味わいを感じます。

続きは、vol.5

NPO法人アポロン設立総会

昨日、3月1日の大安吉日、「勘兵衛はうす」で、「NPO法人アポロン」の設立総会が開催されました。
去年の秋から準備を続けてきて、ようやくここまで漕ぎ着ける事が出来ました。

アポロンの設立趣旨と目的は、以下の通りです。



アポロンは、人と人が直接に交流し、気持ちと気持ちで触れ合う機会を創り出すことを活動の念頭に置いています。
様々な活動を通じて山~平野~海といったそれぞれの地域に住む人々はもとより、文化や技術に触れたい・学びたいと考える人達などを巻き込みながらの広域的交流を行います。
そこに、生活文化、伝統継承、ものづくりや表現活動に携わる若い世代の人達にも参加してもらうことで、多様な形での交流を促し、文化的な相乗効果を生み出して行くことを目的としています。
また、交流の拠点として、古民家や空き家などを積極的に活用し、地域に残る歴史や文化の価値を掘り起こし、古き良きものの保存やまちづくり、環境保全など、地域の魅力創出や活性化に寄与します。
また、次の世代の人達にもこれら活動を伝え、引き継いで行くことで、ふるさとの人々や自然への敬いの心を育みたいと考えます。
幸い地方には豊かな自然がまだ多く残され、それら天然の恵みを享受できる環境があります。何よりもそのことの素晴らしさを皆で分かち合いたいと思います。



みんなで記念撮影をしましたが、顔が写っているので、写真は無しにします。
お定まりの事を一通り行っただけですが、結構疲れました。

この後は、県に申請書を提出して、閲覧期間を得た後に承認となる予定です。
滞り無く進めば、7月頃発足できるのでは、思っています。
プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR