自分の作った器で麺を食す

昨日、一昨日は9月の陶芸同好会の活動日でした。
今月は勘兵衛はうすの作業場で創作活動をしておられるガラス作家の鈴木さんも参加されました。

陶芸同好会

今月のテーマは、三島手か象嵌でしたが、なかなかうまく行きません。
結構悪戦苦闘しました。
前回参加していない人は刷毛目や櫛目、掻き落としに挑戦。
思い思いの作品を作りました。

陶芸作品

陶芸作品

陶芸作品

その合間を縫って、先月作った作品を釉掛けして、電気炉へ・・・。

本焼きの窯入れ

お昼はいつもお弁当持参なのですが、今回は特別企画「自分で作った器で麺を食す」という事に・・・。
持ち寄ったお皿は・・・

陶芸作品

冷や麦を盛り付けました。

自作のお皿で冷や麦

自作のお皿で冷や麦

自作のお皿で冷や麦

みんなそろって「いただきま~す」

食事会

自分で作った器で食べる冷や麦は、格別のお味です。
「今度そのお皿位の大きさにしようかしら」とか
「そのお皿、どんな釉薬をかけたの?」とか
陶芸談義が尽きません。
美味しいお食事を頂きながらも、頭の中は次の作品の構想で一杯です。

陶芸同好会は、陶芸経験のある方でも無い方でも、どなたでも参加出来ます。
経験の無い人は、経験者から教わりながら創作します。
和気あいあいと、自由きままに創作しています。
興味のある人は是非参加してみて下さい。

通常は第二土曜日とその翌日の日曜日を活動日としていますが、10月については都合により、10/15(土)と10/16(日)に変更させて頂きます。
お間違えの無い様お願いします。
10月はテーマを設けず自由制作とします。
11月のアポロン文化祭に向けての作品作りを行いたいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR