「古民家でイタリアン」のメニューとお知らせ

「古民家でイタリアン」のメニューをお知らせします。

ブドウジュースで乾杯
1.鮮魚のマリネ ジェノベーゼソース
2.海老のスフォルマート(グラタン)
3.鶏肉のガランティーヌ・田舎風 
 お肉のパテ・イタリア
 パルマ産プロシュート(生ハム)
4.ゴボウと野菜のスープ
5.あさりのリングィーネ
6.スペイン産イベリコ豚のグリル ローズマリー風味
7.自家製ライ麦パン exバージンオリーブオイル
8.デザート盛り合わせ
9.コーヒー

楽しみですね。

他にも、楽しみなお知らせがあります。
川柳の勉強会でお世話になった伊東志乃さんが、お抹茶を出して下さる事になりました。
また、伊東志乃さんの発案で、勘兵衛はうすに、「乞巧奠(きっこうでん)」の飾りをする事になりました。


乞巧奠とは、

陰暦7月7日の行事。女子が手芸・裁縫などの上達を祈ったもの。
もと中国の行事で、日本でも奈良時代、宮中の節会(せちえ)としてとり入れられ、在来の棚機女(たなばたつめ)の伝説や祓(はら)えの行事と結びつき、民間にも普及して現在の七夕行事となった。

-デジタル大辞泉より-


もうすぐ七夕。
季節の歳時記を楽しむにはぴったりですね。
本格的なものは無理としても、雰囲気だけでも味わう事が出来ればと思います。

皆様お楽しみに・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tokotokoさん、こちらにもお邪魔しました。

美味しそうな企画ですね~~いいな~~
ちょっと遠くて無理ですので・・写真UPしてくださいね。
第2のお仕事も充実&忙しいですね。

嫌な季節、スタッフの皆様、ご自愛くださいね!!

ちっぽさんへ

美味しそうでしょ。
文化財級の古民家で食すイタリアンがどんな風になるか、本当に楽しみです。
参加できなかった方へ、ブログで様子をお知らせしたいと思いますので、是非ご覧ください。
プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR