「稲穂の魔除け作りと、かぶら寿司を味わう!!」 製作編  

昨日、自遊人倶楽部友の会主催で、「稲穂の魔除け作りと、かぶら寿司を味わう!!」を開催しました。
場所は、射水市本江の旧田中家 「勘兵衛はうす」です。
講師は、民俗民芸村の学芸員 田尻佐千子さんにお願いしました。

先生のお手本です。

稲穂の魔除け

最初の案内では、年中使えるシンプルなタイプの写真を掲載していましたが、お正月も近いので、飾りを付けて少しお正月っぽい感じのイメージです。
お正月が終わった後は、飾りを取って年中使えるそうです。

先ずは、「縄ない」の方法から・・・。

稲穂の魔除け作り

先生から説明を聞き、手付きを真似ていますが、どうなることやら・・・。

赤米の稲穂を4本揃えて、インク結びにします。

稲穂の魔除け作り

この結び方、何度聞いてもわからず、悪戦苦闘しました。
正しく結べば、こんな風になります。

稲穂の魔除け作り


次に唐辛子を付けていきます。

稲穂の魔除け作り

稲穂の魔除け作り

2本ずつ組にして、交差しながら編んで行くのですが、だんだん訳がわからなくなってきます。
寒餅(かんもち)の編み方と同じだそうですが、みんな初めての事で、またまた悪戦苦闘。
それが完成したら、手ほどきの要領で縄をないます。
(・・・というか、私は殆ど先生にやってもらいました。)

頭の部分を輪っかにして・・・。

稲穂の魔除け作り

頭の部分の飾り付けが一番楽しかったかも・・・。
完成です。

稲穂の魔除け作り

我々が四苦八苦している内に、理事長は先生の説明を全く聞く事無く、独自のアレンジで・・・。

稲穂の魔除け

これはこれで結構良いかも・・・。
他にもこんなにシンプルな作品を作られた方もおられました。

稲穂の魔除け作り

良いいなぁ・・・、それも欲しいなぁ・・・と思いながら言い出せないでいると、1個分けて下さいました。
うれしい。
大掃除が終わったら勘兵衛はうすに飾る事にしましょう。

稲穂の魔除け作りを終えた頃には、丁度昼食の時間になりました。
「かぶら寿司を味わう」編は、こちらをどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR