「稲穂の魔除け作りと、かぶら寿司を味わう!!」 お食事編

昨日の「稲穂の魔除け作りと、かぶら寿司を味わう!!」の続きです。
製作編は、こちらをどうぞ。

稲穂の魔除け作りが終わった後は、昼食会です。
今回のテーマは、「かぶら寿司を味わう」
こよもんさん特製の自家製かぶら寿司と、市販のかぶら寿司の食べ比べです。
砺波の方では、各家々で自家製かぶら寿司を作っておられるとの事です。

我々が、稲穂の魔除け作りに悪戦苦闘している間に、こよもんさんは着々とかぶら寿司の準備をしておられました。

かぶら寿司を味わう

昼食は、かぶら寿司と豚汁。
おにぎりを各自持参しました。
みんな揃って頂きま~す。

かぶら寿司を味わう

ふと見ると、こよもんさんが、おもむろにパンを取り出しておられます。

紫いものジャム

かぶら寿司とパンって合うのかなぁ・・・と思いながら眺めていると、間に紫色のものが挟んであります。
聞くとそれは、自家製紫いものジャムだそうです。
みんな興味津々。
少しずつ頂いてお味見をしていると、昼食のパンがほんのちょっぴりになってしまいました。
大丈夫かなぁ・・・と心配していると、別におにぎりも持ってきておられました。ああ良かった。

今回の献立はこちらです。

かぶら寿司を味わう

かぶら寿司のお皿に添えてある笹は、勘兵衛はうすの庭から採ってきたものです。
さすがこよもんさん、心憎いセンスです。
他にも、ふろふき大根、かぶらごき、ゆず味噌の差し入れ。
tokotokoからは、沢庵の糀漬けと白菜の漬物。

かぶら寿司を味わう

今年天皇陛下が富山に来県された折りに美智子様に献上された、りんご農家のりんご。

かぶら寿司を味わう

美味しいご馳走がずらり。
さてさて本命のかぶら寿司のお味は・・・。

ずばり、こよもんさん特製のかぶら寿司の方が、断然美味しい。
かぶらのシャキシャキ感といい、すっきりとした味付けといい、格段の差です。
やっぱりこうして一緒に食べてみると歴然としてますね。
こよもんさんご馳走様でした。

なんでも、かぶらの切り方、厚さ、うるち米かもち米かによっても味が違ってくるそうです。
また食べたいなぁ・・・。
来年も是非お願いしますね。



今日、都合で昨日の稲穂の魔除け作りに参加できなかった川柳の先生が、1日遅れで作りに来られました。
tokotokoの玄関に飾ってみました。

稲穂の魔除け

素敵でしょ。
今回も本当に楽しいイベントとなりました。
今年のイベントはこれが最後です。

後は大掃除をしてお正月の設えをして、新年に備えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

apollon

Author:apollon
富山県内の古民家を拠点として、様々な催しを通じてゆるやかに交流する集いです。
四季折々の自然に親しみ、恵みを享受しましょう。
地域に住む人々の生活の知恵を学び、会員相互の得意技を発揮して、失われつつある手仕事の伝承や、もの作りの面白さ等を共に楽しみましょう。

ホームページ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR